視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

WSJ-ファイザー、4-6月期は48%減益

かゆみ肌修復 ムヒソフト 60g
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000021-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米製薬最大手のファイザー(NYSE:PFE)は、製品ラインの改良と、ジェネリック薬(後発の類似医薬品)との対抗に向けて、険しい道のりに直面している。

同社が18日発表した4-6月期決算は、リストラ費用、ジェネリック版との競争、“ブロックバスター”(年間売り上げ10億ドル以上)である高脂血症治療薬「リピトール」の売り上げ減少が響き、48%の減益となった。

主力医薬品の先発権が失効していることや、新製品投入での最近のつまずきなど、ファイザーがさらされている圧力を浮き彫りにする決算となった。
最新回復 治療情報は・・・回復 治療ランキング

4-6月期の数字には11億ドルのリストラ費用が含まれている。

同社は人員削減と工場閉鎖を含むリストラ計画を1月に発表したが、今回、業績てこ入れのためにはさらなる行動が必要となることを示唆した。

ジェフリー・キンドラー最高経営責任者(CEO)は「厳しい四半期だった」とした。ファイザー株の18日終値は前日比0.83ドル(3.20%)安の25.13ドル。

17日には、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(NYSE:JNJ)とスイスのノバルティス(NYSE:NVS)が、2007年の売り上げ見通しを下方修正しており、医薬品業界にとってさらに厳しい時が待ち受けていることを示唆した。

リピトールの4-6月期売上高は前年同期比13%減の27億ドル。海外では5%増加したものの、米国内では25%減少した。リピトールは、スタチン剤と呼ばれるコレステロール薬に分類され、売上高世界一の医薬品...

ニュースの続きを読む


低周波治療器 手もみ感覚のマッサージ 3D エレパルス プロ オムロン HV-F1200 ! 


◆回復 治療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆回復 治療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,
スポンサーサイト

2007年08月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。