視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「近くリビアを訪問したい」=ライス長官、ラジオ・サワで語る

テルモ 電子体温計 ET-C203P
【ワシントン25日AFP=時事】ライス米国務長官≪写真≫は25日、リビアで終身刑を受けたブルガリアの医療関係者6人が釈放され、帰国したのを受けて、近いうちにリビアを訪問したいと思っていると述べた。ライス長官は米国が開局したアラビア語放送の「ラジオ・サワ」で、「日取りや計画が決まっているわけではないが、近いうちにリビアをぜひとも訪れてみたい」と語った。
 ブルガリアの医療関係者6人が釈放された翌日の25日には、サルコジ仏大統領がリビアの最高指導者カダフィ大佐と会談するため、トリポリ入りしている。
最新医療情報は・・・医療ランキング

サルコジ大統領はカダフィ大佐と、欧州連合(EU)とリビアの関係強化について話し合う。ライス長官の発言は、こうした情勢の中で行われた。
 ブルガリア人看護師5人とパレスチナ人医師1人は、リビアの子供にエイズウイルス(HIV)を感染させたとして今月11日に死刑判決を受け、その後、終身刑に減刑されていた。これら6人は一貫して容疑を否認し、自白は拷問によるものと主張していた。6人はEUとの合意に基づいて釈放され、ブルガリアに帰国した。6人はソフィアに到着後、パルバノフ大統領から恩赦を受け、解放された。
 米国は6人の帰国について「極めて前向きな措置」とし、リビアの世界との関係の変化を示すものと指摘した。〔AFP=時事〕〔AFP=時事〕

(引用 livedoorニュース)


シチズン 電子体温計30秒予測 CT786SP


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年08月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。