視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DJ-アドバンスト・メディカル、ボシュロムに42億3000万ドルの買収提案

自然素材で美しく!新・BEAUTY & HEALTHYサポートセット各1個・計6個入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070706-00000031-dwj-biz
ニューヨーク州ロチェスター(ダウ・ジョーンズ)米眼科関連医療品大手のアドバンスト・メディカル・オプティクス(NYSE:EYE)は5日、競合する米コンタクトレンズ大手ボシュロム(NYSE:BOL)に対し、総額約42億3000万ドルの買収案を提示した。これはプライベートエクイティ会社のウォーバーグ・ピンカスが提示している総額約36億7000万ドルを上回る額。アドバンスト・メディカルの提案は、ボシュロム株1株当たり、45ドルの現金と30ドル相当のアドバンスト・メディカル株で合計75ドルを支払うといったもの。ボシュロムの取締役会は、アドバンスト・メディカルによる提案は「誠実なものであり、ウォーバーグ・ピンカスとの契約で定義されている『より優れた提案』となる可能性がかなりある」と判断。
最新視力情報は・・・視力ランキング

アドバンスト・メディカルと「さらなる交渉を行う」予定とした。ただ、「アドバンスト・メディカルの提案が最終的に買収取引に結びつくかどうかは保証はない」と付け加えた。ウォーバーグ・ピンカスは5月中旬、ボシュロムを1株当たり65ドルの全額現金で買収することを提案し、ボシュロム取締役会はこれを受け入れた。ボシュロムは154年の歴史を持つ、コンタクトレンズ、点眼薬、視力矯正手術器具のメーカー。ボシュロムとウォーバーグ・ピンカスの合意では、50日間の第三者からの提案申し入れ期間が設定されており、その最終日にアドバンスト・メディカルが新提案に乗り出した。ウォーバーグ・ピンカスとの取り決めにより、ボシュロムは5日の午後11時59分まで、より高い条件の提案を募ることができる...

ニュースの続きを読む


シュアプレイ リターンボール 硬式ボールタイプ


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
健康だけが取り柄の主婦が一ヶ月で100万稼ぎ出す現代の裏ビジネス

医療品は高い!これは今も昔もかわりませんよね。

医療品が高いということは、それに携わるバイトも報酬が高いということです。

必要なのは自分の身体だけでいいんです。なんか胡散臭い話に聞こえまね・・・

しかしこれは違法ではなく、…

世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…




スポンサーサイト

2007年07月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。