視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

7月3日、今日はなんの日?カフカの誕生日に思う。

 ドラえもん スーパーベスト / ドラえもん
【PJ 2007年07月03日】- フランツ・カフカ、1883年7月3日、オーストリア・ハンガリー帝国のプラハのユダヤ人の家庭に生まれる。現在の国名では、チェコ共和国である。ここから、全ては始まっている。

 プラハという中欧の古都は、1346年ボヘミア王カレル一世が、神聖ローマ帝国の皇帝に選出されカール4世となると神聖ローマ帝国の首都となる。神聖ローマ帝国内の宗教改革による新・旧教徒の対立は、周辺国家の介入を招いた30年戦争に発展、1648年プラハはスウェーデン軍に包囲され、ウェストファリア条約の締結となる。この結果、首都はウィーンに移転する。チェコ語の禁止など、宗教・文化の面の弾圧を受け、独自の文化を失うこととなる。
最新ドラえもん情報は・・・ドラえもんランキング

チェコがチェコスロバキアとして独立を取り戻すのは、1918年の第一次世界大戦後である。

 それ故に、カフカの作品はドイツ語で書かれ、同化ユダヤ人としてほほドイツ人としての生活であった。カフカの不条理性は、この複雑さから生まれているようだ。
山下肇は、『カフカの思想の根底は、本来の人間存在をたんに「そこにある」ものとしてでなく、「そこに所属するもの」として見るところにある。現代社会の掟は「所属する」ことを支配的束縛とし、その掟にそむいて「所属する」ことを拒むものを審判し、断罪する。人間は掟(法)の保護を奪われ、罪の意識におののきながら、非人間的な疎外の死に至らねばならない。』という。

 私には年金記録問題や様々な問題の中にある日本の現実は、この不条理そのものにあるように思えて仕方が無い...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


■ 【質・福助】ドラえもん/ドラッチ/1998.07 LIVE DORATCH ■


◆ドラえもん関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラえもん関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年07月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。