視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<ES細胞>支出制限緩和法案に拒否権 ブッシュ大統領

オーダーメイド ウィッグ(男性用部分かつら)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000028-mai-int
 【ワシントン及川正也】ブッシュ米大統領は20日、米国社会で論争になっている胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究に対する連邦予算の支出制限を緩和する法案に拒否権を行使した。同様の法案への拒否権行使は2度目。生命破壊につながると批判するブッシュ政権と、難病治療への応用を期待する米議会が「生命倫理」か「生命科学」かを巡り再び激突した。議会側は実現に望みをつなぐが、大統領の拒否権再発動でブッシュ政権下での法制化は難しい情勢になった。
 法案は、不妊治療で廃棄される予定の受精卵から取り出したES細胞を使用した研究に連邦資金の支出を認める内容。
最新医療情報は・・・医療ランキング

体外受精された複数の受精卵(ヒト胚)のうち、妊娠に成功した受精卵を除く「余剰胚」を難病治療に活用するのが狙い。
 ブッシュ大統領が法案を問題視するのは、余剰の受精卵とはいえ、細胞分裂を開始した生命体を「意図的に破壊する」ことになるとみているためだ。大統領は同日の演説で「人間の命を救うために他の命を破壊するのは倫理的ではない」と強調、「成人の皮膚組織の細胞をES細胞と同じように機能させる研究の成果が出ている」と述べた。大統領は受精卵を破壊する必要のない研究を促進させる大統領令を出した。
 民主党のディゲット下院議員は「大統領は多くの患者や家族の希望を拒否した」と批判した。法案支持派は大統領が推進を主張する新規研究について「これらの研究は始まったばかりで、ES細胞研究の代替にはならない」と反論している...

ニュースの続きを読む


ソフトマッシュウィッグ(医療用人毛総手植え製かつら)♯3


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年06月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。