視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

世界禁煙デーフォーラム:公共機関100%へ議論--つくば /茨城

デトキシィー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070603-00000028-mailo-l08
 受動喫煙やタバコの健康被害について考える「世界禁煙デー茨城フォーラム」が2日、つくば国際会議場(同市竹園)であった。
 医療関係者で組織する全国禁煙推進研究会が主催。「世界禁煙デー」にあたる5月31日前後に毎年開催されている。220人が参加し「公共機関の100%禁煙化」に向けて議論が交わされた。
最新受動喫煙情報は・・・受動喫煙ランキング


 喫煙による健康被害について、富永祐民愛知県がんセンター名誉総長が講演。歯周病から発育障害まで喫煙が原因となる100種類に及ぶ疾病に触れ「タバコはまさに百害だ」と訴えた。大和浩産業医科大教授は特急電車の喫煙車両から禁煙車両にタバコの煙が流れることを例に出し「建物内で受動喫煙をなくすには、分煙でなく全面禁煙しかない」と力を込めた。
 議論を聴いたつくば市のタクシー会社社長、塚本一也さん(42)は「時代の流れ。うちのタクシーでも禁煙化を検討しようと思う」と話していた。【原田啓之】

6月3日朝刊

【送料無料】デトキシィー 3個セット 悪いとわかっていても禁煙できない人の ための、超・デ...


◆受動喫煙関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆受動喫煙関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。