視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

内部統制実現の鍵は? ログ管理やNACにそのヒントを探る

スライヴ モミギアーデラックス MD-6400
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000042-zdn_ep-sci
 ユーザーは与えられた権限の下で利用可能なリソースにアクセスし、その行動の正しさをログ(記録)によって証明する。内部統制におけるITへの対応とは、これらをネットワーク環境で実現することにある。

【画像】

 しかし一口にログと言っても、どのようなログを収集し、管理すればよいのか、明確に理解している企業はどれだけいるだろうか。また、権限に基づいたユーザー認証システムを導入するにしても、認証後のユーザーが不正行為を働いた場合に追跡できる仕組みもほしい。

 Interop Tokyo 2007の「Enterprise Solution Showcase」では、内部統制をキーワードに企業向けセキュリティソリューションが一堂に会した。
最新医療情報は・・・医療ランキング



●ログ管理、何に利用するかを明確に

 中でも注目されたのは、「ログ管理」と「NAC(ネットワーク・アクセス・コントロール)」のソリューションだ。これらは内部統制の実現においても、ユーザー認証とその行動の記録という意味で重要な要素となる。

 まずログ管理だが、大きく「ネットワークアーカイブ」「アクセス管理」「セキュリティ管理」の3つに分類することができる。ネットワークアーカイブとは、すべてのログを記録する方法で、アクセス管理はアプリケーション単位などでアクセス情報を取得し、記録する方法だ。そして、セキュリティ管理はログファイルをExcel形式などに分析・加工して保存する方法になる。選択のポイントは、実施したいセキュリティ対策を補完するログ管理方法を選ぶことだ...

ニュースの続きを読む


トーエイライト T-2288 握力計DX 0~100kg用 T-2288


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…



スポンサーサイト

2007年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。