視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

市町村への相談急増 児童虐待での役割拡大

大腿サポーター!ぴったりフィットで的確に圧迫!ネオ・スポーツサポーターももフリー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000019-ryu-oki
 児童虐待の相談が県内市町村窓口で急増し、2006年度に初めて県の児童相談所への相談受け付けを上回ったことが分かった。児童虐待問題への市町村の役割が大きくなっている。県と市町村の合計では06年度は05年度より78件増え968件で、最高を記録した。県のまとめによると、06年度の1年間に市町村に寄せられた相談受け付けは615件で、前年度より約200件増え、県の353件を大きく上回った。
 県の児童相談所への相談受け付けは06年度は05年度より107件減少。相談の多くが市町村の窓口に分散している。
 市町村の相談窓口は児童福祉法の改正で05年4月1日から設置され受け付けを開始、今年で3年目を迎える。
最新医療情報は・・・医療ランキング

相談受け付けが県の児童相談所では減っている一方、市町村で大幅に増えたことについて県青少年・児童家庭課は「市町村が相談を受け付けていることが、市町村の広報や、保育園、病院など医療機関、学校、警察、児童養護施設など要保護児童対策地域協議会の関係機関を通して少しずつ周知されてきたのだろう」と話している。
 05年の児童福祉法改正で、市町村は相談の通告先になった。児童虐待問題を担当する那覇市子育て支援室は「より身近な機関は市町村なので05年以降、地域のさまざまな機関や市民から相談が寄せられるようになった。報道などで市民の関心が高まり、児童虐待問題は社会問題になった。潜在化していた部分が顕在化した。市町村も対応をより充実させようと、関係機関との連携もより密になった」と話す...

ニュースの続きを読む


フジ医療器 イス式マッサージ機【税込】 AK-5000BK [AK5000BK]【でんき0404】


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
読んだらきっと怖くなる、医療関係のみんなの知らない秘密を大暴露!!

医療業界というものは、実は、かなり閉鎖された世界
なのです。

恐らくは、皆さんが、「えっ、そうなの」と
ごく身近なものでも全く知らされてなかった事実が
そこにはあります。

今回のレポートは、典型的なその一例を
ご紹介しま…

精神科医熊木徹夫の無料音声レポート(15)

このところ、新型インフルエンザをめぐる報道が過熱しています。
新型インフルエンザ大流行・特効薬タミフル・備蓄の大幅不足・異常行動・・
タミフルについての錯綜とした情報を、医療者の視点から切り分けます。
特に”異常行動”については、精神…



スポンサーサイト

2007年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。