視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

5年間で14%減 県内たばこ卸売本数(和歌山)

デトキシィー 2個セット 悪いとわかっていても禁煙できない人の ための、超・デトックスサプリ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000005-agara-l30
 たばこの卸売販売業者などから県内各市町村にある小売店に売り渡されたたばこの本数が、2001年度から05年度までの5年間で3億7000万本余り(14%)減っている。受動喫煙の防止を義務付けた健康増進法の施行(03年5月)で建物内での喫煙場所が限られたことなどが背景にあり、県は「喫煙人口が減った結果」とみている。
 統計によると、県全体のたばこの卸売本数は過去5年間(01~05年度)で、26億6927万8000本から、22億9623万9000本に落ち込んでいる。
 各市町村の本数を税収を基に算出すると、ほとんどの市町村で減少。最も減り幅が大きかったのは古座川町で、県全体の減り幅を大きく上回り36%減だった。
最新受動喫煙情報は・・・受動喫煙ランキング


 紀南地方(印南町以南)では次いで、すさみ町(26%減)、印南町(24%減)、北山村(21%減)、那智勝浦町(18%減)。白浜町は17%減、田辺市は15%の減少だった。
 県健康づくり推進課によると、県内の喫煙率は01年、男性51・4%、女性5・4%。05年は、女性がほぼ横ばい(5・5%)だったのに対し、男性の喫煙率は13・1ポイント減の38・3%と大きく低下した。喫煙人口が減っていることについて、同課は「全国的に禁煙化の流れが進んでいることや健康増進法の施行で、たばこを吸いにくい状況が出ていることなどが理由ではないか」と分析している。
5人に1人やめる
教職員の喫煙者、県調査
公立学校の敷地内禁煙
 2002年度に始まった県内公立学校の敷地内禁煙で、実施決定後に喫煙者の5人に1人がたばこを吸うのをやめていたことが、公立小中高校などの教職員を対象に行った県のアンケートで分かった...

ニュースの続きを読む


デトキシィー 2個セット 悪いとわかっていても禁煙できない人の ための、超・デトックスサプリ


◆受動喫煙関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆受動喫煙関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。