視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本ハム14連勝ルーキー吉川プロ初勝利

動体視力を日々の鍛錬で向上させる――「見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング」任天堂 見...
<ヤクルト0-2日本ハム>◇8日◇松山
 ハンカチ世代吉川の粘投で、日本ハムが連勝を14に伸ばした。高校生ドラフト1巡目のルーキー吉川光夫投手(19=広陵)がヤクルト3回戦に先発し、7安打されながらも5回2/3を無失点に抑えて初勝利を挙げた。6回にセギノールの先制2ランが飛び出し、8回裏に降雨コールドというツキも味方につけた。今回の連勝中に初勝利を挙げた木下、金森に続く孝行息子の登場で、チームは交流戦負けなしの12連勝となった。
 稲妻が新星誕生の知らせのようだった。土砂降りの雨の中、ベンチの吉川が苦笑いした。「何かあるんじゃないかと思いますね」。6回途中まで無失点で切り抜け、雷雨によるコールドゲーム。
最新視力情報は・・・視力ランキング

思わぬ形でプロ初勝利が転がり込んだ。
 決して満足のいく内容ではなかった。制球に苦しみ7安打を浴びたが、森本の好返球や内野陣の併殺などでしのいだ。連勝中だけに「負けないようにと思っていたけど、日本一のバックだと思う。次の投手は誰でも僕よりは(力が)上の人なので、明日も勝ってくれると思う」。最後に金森が持っていたボールを“ウイニングボール”としてもらい「両親にあげたい」とはにかんだ。
 早大・斎藤に代表される「ハンカチ世代」では甲子園出場経験がなく地味な存在だが、ロッテ大嶺、ヤクルト増渕よりも早い初勝利で、楽天田中に続き2人目となった。「追いつくには5年くらいかかるかも」と弱腰な発言もあったが、3度目の先発で待望の初勝利だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


通常3,800円がさらにお得に送料コミコミEverbridge(エバーブリッジ)メガネ一式セット


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。