視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】北京:臓器移植許可の医療機関13カ所を公表

フジ医療器 イス式マッサージ機【税込】 AK-5000CS [AK5000CS]【でんき0404】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000010-scn-cn
 北京市政府は12日、臓器移植を許可する医療機関13カ所の予定リストを発表した。24日まで市民の意見を求め、問題がなければ正式に許可する。中国では臓器移植に関連するルールづくりが遅れていたため、移植を「売り物」にするケースがあると問題になっていた。上海市や天津市、江蘇省も同様の動きが続いており、今後は全国的に無許可の移植が厳禁されることになる。

 北京市が公表した予定リストは以下のとおり。北京安貞医院(心臓/肺)、北京朝陽医院(肝臓/腎臓/肺)、中日友好病院(腎臓/肺)、北京大学第三医院(肝臓/腎臓)、北京大学人民医院(肝臓/腎臓)、北京協和医院(肝臓/腎臓)、北京友誼医院(腎臓)、北京大学第一医院(腎臓)、北京祐安医院(肝臓)、中国医学科学院阜外心欠陥病医院(心臓)、解放軍総医院(肝臓/腎臓)、武警総医院(肝臓/腎臓)、空軍総医院(腎臓)

 写真は肝臓、腎臓、肺の移植が許可される予定の北京朝陽医院。
最新医療情報は・・・医療ランキング

(編集担当:如月隼人)

■関連ニュース
・ 臓器売買禁止など、移植技術と倫理関連の規則発表 (2006/03/27)

■関連トピックス <  社会  >  事件事故・問題  >  社会問題  > <  地域  >  東部  >  北京  >

ふくらはぎのケガ対策に幅広く活用!ぴったりフィットで的確に圧迫!ネオ・スポーツサポーター...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。