視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

東京大気汚染 首都高がきょう5億拠出発表

スーパーファーストスカルプチュアキット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000020-san-soci
 東京都内のぜんそく患者らが国や都、自動車メーカーなどに損害賠償などを求めた東京大気汚染訴訟をめぐり、被告企業の一つの首都高速道路会社(旧首都高速道路公団)が13日の決算発表で、都が提唱するぜんそく患者を対象とした医療費助成制度に、「社会貢献」名目で5億円程度の資金拠出を正式に表明する方針。

 ただ、拠出額は都が求めている負担分と開きがあり、協議が続くとみられる。

 首都高会社はこれまで、「大気汚染とぜんそくとの因果関係が認められない」のを理由に、助成制度への資金拠出に難色を示していた国と同じ姿勢だった。
最新医療情報は・・・医療ランキング

しかし、国が公害予防基金から60億円を都に拠出すると方針を転換。自動車メーカー7社も資金拠出に応じることで合意しており、首都高会社は先週、資金拠出の意向を都に伝えていた。

 都の医療費助成制度は、5年間で約200億円を見込み、国と都が3分の1ずつ、首都高会社や自動車メーカー7社が6分の1ずつの負担としている。

                   ◇

 首都高会社が資金拠出する方針を決めたことを受け、冬柴鉄三国土交通相は12日の会見で「出せる上限は4億~5億円。能力を超えてはできないのではないか」と述べていた。

ゲルマニウムネックレスに医療磁気をプラス!ボディオーラネックレス(ブルー・Lサイズ)送料無...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。