視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<プレスリリース>大塚製薬、濃厚流動食品「ハイネゼリー」を発売

ゲルマニウムネックレスに医療磁気をプラス!ボディオーラネックレス(レッド・Mサイズ)送料無...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000008-maibz-ind
 大塚製薬工場(本社:徳島県鳴門市、社長:大塚一郎)は、ゼリータイプの濃厚流動食品「ハイネゼリー」(300g口栓付きアルミパウチ)を6月18日より医療機関・介護施設向けに新発売します。

 「ハイネゼリー」は、本年2月に発売いたしました濃厚流動食品「ハイネ」のゼリータイプです。

 「ハイネゼリー」は1袋300g当たり300kcal(1g当たり1kcal)で、『日本人の食事摂取基準(2005年版)』を参考に、エネルギー必要量の少ない方にもご使用いただけるよう各種栄養素を調整いたしました。1日あたり900g以上摂取いただくと、ビタミンや微量栄養素の推奨量または目安量(70歳以上男性)をほぼ補給することができます。
最新医療情報は・・・医療ランキング



 「ハイネゼリー」は、口栓付きアルミパウチ入りで、手で押し出せるやわらかさの扱いやすいゼリーとなっています。味は、ほのかな黒糖風味で、高齢者の方にもなじみ深い味となっています。

 大塚製薬は、濃厚流動食品「ハイネゼリー」の販売提携を行います。

 医療や介護の分野では、病状回復や生活の自立を助けるために、よりよい栄養状態を保つことがますます重要になっています。特に医療の分野ではNutrition Support Team(NST)が普及し、患者さんの状態にあわせた栄養管理が推進されています。

 大塚製薬工場では、適正な栄養管理に役立つ情報や製品を今後も提供してまいります...

ニュースの続きを読む


食洗機OK!熱湯消毒OK!高級感漂う庖丁が登場!貝印 関孫六 匠創 オールステンレス 一体型 ...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。