視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

肝がん無料検診導入へ 福岡県 県内5000の医療機関

バイブ付きストレッチャー7911 お疲れのコリコリ首と肩を ストレッチ&マッサージ Wの機能で...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000020-nnp-soci
 福岡県は7日、死亡率が全国でワースト2となっている肝がんを減らすため、前段階とされる肝炎について、民間も含めた県内約5000の医療機関で無料検診を導入する方針を固めた。肝がんに対するこうした試みは全国で初めてという。がん対策の関連施策と併せて約2億3000万円の事業費を盛り込んだ予算案を6月定例県議会に提案する。

 同県では1977年から死因の1位をがんが占めている。胃がんや肺がんなどの人口10万人当たりの死亡率は全国で20-30番台だが、肝がんの死亡割合は全国2番目の高さで突出。
最新医療情報は・・・医療ランキング

2005年の死者数は2079人に上っている。

 このため県は、がんによる死亡割合を引き下げるためにも、肝がんの予防対策を重視。早期の発見と治療が欠かせないことから、昨年9月から県内13カ所の保健所で肝炎ウイルスの無料検診を開始、一定の効果が確認されたという。

 これを受け、今回は歯科などを除く県内約5000の医療機関でも無料検診が受けられるよう、対象を大幅に拡大することを決めた。

 また、4月に施行されたがん対策基本法を受け、医師や行政関係者らでつくる「がん対策推進協議会」を設置。在宅療養や緩和ケアの充実などの具体策を盛り込んだ基本計画を本年度内に策定する方針だ。

=2007/06/07付 西日本新聞夕刊=

【送料無料!!&代引無料!!】『メタボリューション』【お買得!! 3個セット!!】メタボリックシン...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
悪用厳禁!高すぎる健康保険料を安くする裏技

国民健康保険は、民間の医療保険と比べるとメリットはあるのですが、
保険料が所得によって決まってしまうので、不公平感があります。


保険料の未納が問題になっていますが、
中には保険料を滞納しながらも、保険証をもらっている人もいると…

不妊脱出のキーワードは以外にもこれだった

不妊に悩んでおられるご夫婦必読!
日進月歩の医療技術による不妊解決は
最終手段・・・
ドクターまかせではない、ご夫婦による
赤ちゃんのできやすい体質づくりを
ご紹介しております。…



スポンサーサイト

2007年06月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。