視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

出品:笛吹のアマ画家・横山さん、視力喪失も乗り越え 甲府の絵画展に6作品 /山梨

薄型レンズ標準装備の度付きセット!DRESS TITAN(ドレスチタン)メガネ一式セット
 ◇笛吹のアマ画家・横山さん(89)が出品
 笛吹市八代町のアマチュア画家、横山虎男さん(89)=農業=が、27日に甲府市貢川2の県立美術館ギャラリーCで始まった作品展に人物画6点を出品している。戦争で絵描きの夢を絶たれ、50歳ごろから本格的に絵筆を握り始めて40年。白内障で右目の視力を失う困難を乗り越え、作品を描き続ける横山さんは「もう10年、元気に絵を勉強して、日展に出すのが夢」と語っている。【中村有花】
 横山さんは1938(昭和13)年、20歳で陸軍に入隊し、甲府陸軍病院(現・国立病院機構甲府病院)などで衛生兵として従事。戦地に出兵することはなかったが、絵描きになるという子どもの夢は果たせず、太平洋戦争後も同病院で仕事を続けた。
最新視力情報は・・・視力ランキング


 趣味の時間が持てるようになった50歳ごろから、本格的に絵に取り組み始めた。八ケ岳などに登って主に風景画を描いたが、約10年前に白内障を患って右目の視力を喪失。そのため、画材を求めて登山することができなくなる一方、人物画を描く絵画研究会の活動に参加するようになり、人物画に魅せられていった。
 病院を退職した現在、横山さんは農作業の合間にデッサン部屋に行き、キャンバスに向かう日々。生身の人間を描く人物画は、骨組みのバランスや肉付き、感情を表現する力が必要で、力量がストレートに現れるため難しい半面、面白さがあるという。横山さんは「没頭して色を重ねすぎてしまう」と笑う...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


薄型レンズ標準装備の度付きセット!CONCEPT25(コンセプト25)メガネ一式セット


◆視力関連ブログ記事
目がぁああああ - 寂しがり屋のひとり好き (6月8日2時7分)

視力矯正手術(LASIK) 「@レーシック... - にらみっこしましょ 楽しぃいネット探... (6月8日2時5分)

お疲れ様でした。 - 今ノ私、未来ヘ贈ル。 (6月8日2時4分)

iいいアイテム発見! - ファマスのオススメえとせとら (6月8日1時44分)

le'tsぬぷぬぷっ - やるせない子猫 (6月8日1時43分)

坂井泉水に囁かれる“不慮の死”の真... - レーシックで視力回復を目指そう (6月8日1時41分)

眠気 - てりやき日記 (6月8日1時30分)

19番ホール? 19 - キャディの独り言 (6月8日1時18分)



◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。