視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

WSJ-アドバンスト・メディカル、ボシュロムへの買収提案を検討

シュアプレイ リターンボール 軟式Aボール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000024-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米眼科関連医療品大手のアドバンスト・メディカル・オプティクス(NYSE:EYE)は24日、米コンタクトレンズ大手ボシュロム(NYSE:BOL)に買収提案することに関心があると確認した。これを受け、買収合戦に発展するとの観測からボシュロム株は上昇。24日終値は前日比3.76ドル(5.66%)高の70.21ドルだった。ボシュロムは先週、未公開株投資会社ウォーバーグ・ピンカスに1株当たり65ドル、総額約36億7000万ドルで買収されることで合意している。ただ、向こう50日間はボシュロムがより有利な提案を第三者から募ることができる取り決めとなっている。
最新視力情報は・・・視力ランキング

アドバンスト・メディカルはコンタクトレンズは製造していない。アドバンスト・メディカルの事情に詳しい筋によると、同社はボシュロムの7億1000万ドル規模のレンズ事業や6億5800万ドル規模の眼科用医薬品事業を、自身のアイケア製品ポートフォリオに加えることを検討してきたという。同筋によると、アドバンスト・メディカルがボシュロムを買収すれば、未公開株投資会社では提供できないような、コスト面での大きな相乗効果が期待できるとアドバンスト・メディカルは考えている。ボシュロム買収は、アドバンスト・メディカルの姿を大きく変えることになる。アドバンスト・メディカルの1-3月期売上高は2億5170万ドルと、同四半期のボシュロムの暫定ベースの売上高である5億7890万ドルの半分以下...

ニュースの続きを読む


 ▼キングコブラ・グッピー(国産ブリード)(1ペア)


◆視力関連ブログ記事
嗚呼… - D i A R Y (6月4日1時3分)

Spiderman after zyoptix でゆっくり... - レーシックの手術動画 必見です (6月4日1時2分)

スライダー62キロ( - 空へ灯を掲げて・・・ (6月4日1時1分)

Way Back into Love 3 - 連載小説 (6月4日0時59分)

無謀なような・・・ - Funky Freaky Fresh (6月4日0時49分)

これ以上がないくらい - AOMR!! (6月4日0時45分)

ボーリング - 学生日記 (6月4日0時41分)

3日分 - Diary (6月4日0時39分)



◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年06月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。