視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[禁煙治療]半年続いたのは3割 厚労省調査

最強の医療戦略セミナー(series 2)

 06年度から保険が適用されるようになった禁煙治療の効果について、治療後3カ月たっても禁煙が続いていた人は35%に過ぎないことが17日、厚生労働省の行った実態調査で分かった。治療から半年後の禁煙継続率は33%で、必ずしも大多数の人に効果があるとは言えない結果となっている。調査内容は18日に厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬改定結果検証部会で報告されるが、今後も禁煙治療を保険給付の対象とすることには疑問の声も出そうだ。

 調査は、昨年6~7月に501医療機関で治療を始めた禁煙希望者4189人を対象に実施。3カ月とされている治療期間の後、5~6カ月過ぎた今年3月、2225人から治療後半年の禁煙状況について回答を得た。
最新医療情報は・・・医療ランキング

 全体の禁煙継続率は、▽3カ月後=35%▽半年後=33%だったが、同省が標準としている「3カ月間で5回」の治療を受けた人の禁煙継続率は、▽3カ月=63%▽半年後=54%で、治療回数が多いほど効果的だった。

 ただし、5回の治療を終えた人は全体の28%にすぎず、1、2回で中止した人が4割近くにのぼっている。全体の禁煙継続率が低いのは、必要な回数の治療を受けずにやめてしまった人たちも含まれているためとの見方もできそうだ。

 調査では、ニコチン依存症患者の平均年齢は47歳、喫煙年数は30年、1日の平均本数は28本だった(今年1月時点)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【送料無料】日立産機(HITACHI) 0.75OP-9.5GS5/6 50Hzオイルフリー ベビコン 100V1馬力コンプレ...


◆医療関連ブログ記事
在宅ワーク副業・東京・埼玉で「はし... - 在宅起業成功のルール (4月20日11時2分)

4月なのに、この寒さ・・・ - 解体屋の適当なブログ (4月20日11時1分)

「医者余り」がいつの間にやら「医者... - 今日の気になる出来事 (4月20日10時57分)

うこん★紫ウコン★ウコン - wafofozezu (4月20日10時51分)

公団住宅 - ちょっと情報通 (4月20日10時44分)

肺がんはがんの中でも死亡原因NO1! - 医療ナビ.comへようこそ (4月20日10時42分)

家庭用とのことですが・・・ - コーチングダイアリー/パーソナルト... (4月20日10時40分)

ブログペット(BlogPet) - おぼろ月 (4月20日10時37分)



◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年04月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★タッキー@名古屋★マイビズ大歓迎(^^♪です!

応援にきました^^


また遊びにきます~♪
応援(ノ´∀`)でした♪

2007年04月20日 ★タッキー@名古屋★マイビズ大歓迎(^^♪ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。