視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大西洋の沈没船から600億円

 大西洋で沈没船の探査作業を行っていた海底探査会社「オデッセイ・マリン・エクスプロレーション」(本社・米フロリダ州タンパ)が18日、数百枚の金貨や計17トンに上る50万枚の銀貨などを引き揚げたと発表した。総額5億ドル(約600億円)相当とも見込まれており、海底から見つかった財宝としては過去最高額になる可能性があるという。

 大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」に主演するジョニー・デップもビックリの金銀財宝が見つかった。サッカーくじ「BIG」なら、1等100口分。約600億円もの「お宝」を発見したオデッセイ社は「沈没船から発見されたものとしては、歴史上最大規模と考えられる」との声明を発表した。
最新銀貨50万枚情報は・・・銀貨50万枚ランキング



 史上最大の「お宝」は、金貨数百枚、銀貨50万枚、金の加工品やそのほかの工芸品など。保安上の問題もあり、探査場所などの詳細は明かされていないが、同社のモリス会長は「大西洋のこの海域には、植民地時代の多くの沈没船が眠っている」と述べており、銀貨などは17世紀前後のものとの見方もある。場所については公海の海底で、どの国の領海でもないと説明している。

 同社設立者のグレッグ・ステム氏は「最初に発見された銀貨6000枚は、大半が驚くほど保存状態もよい。金貨は新品同様で、きらきら輝いている。コインの製造時期、場所、種類も多種多彩。トレジャーハンターたちが見たら、とても感動するだろう」と誇らしげに語った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000075-sph-soci)


■■


◆銀貨50万枚関連ブログ記事
大西洋の沈没船から600億円 - 最新芸能エンタメニュース (5月22日12時12分)

大西洋の沈没船から600億円 - あいのり なぎさ mixi (5月22日9時46分)

大西洋の沈没船から600億円 - 鉄道で国内旅行 (5月22日7時42分)

武蔵 JAPANエース返り咲く! - 無利息キャッシング (5月22日6時21分)

大西洋の沈没船から600億円 - 韓国俳優辞典 (5月22日4時39分)

大西洋の沈没船から600億円 - はなまるマーケット大好き! (5月22日3時21分)

大西洋の沈没船から600億円 - タレント ウェブログ (5月22日1時3分)

宝探しはやめられない!?600億円... - YAHOO! ヤフー!ニュースで今夜も語れ... (5月20日13時33分)



◆銀貨50万枚関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。