視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

障害者支援:住民とのかかわり重要 NPOを設立、下京で発足記念講演会 /京都

☆◆○★◇●1円!!全ての商品が1円なんです!!●◇★○◆☆高級ステンレス製!透かしスパイ...
 ◇医療体制の充実を
 重症心身障害者の社会参加を進めるため、福祉施設職員らが経管栄養や吸引などの医療行為をする「医療的ケア」のあり方を研究しようと、医者や養護学校教員、保護者らがNPO法人「医療的ケアネット」(杉本健郎理事長、南区)を設立した。19日、発足記念講演会が下京区であり、社会福祉法人「訪問の家」(横浜市)の日浦美智江理事長が、障害者を施設に単に入れるのでなく、地域住民らとかかわる大切さを訴えた。【熊谷豪】
 重症心身障害者は多くの疾病を併せ持ち、医療的ケアが日常に必要だ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

従来は医師や家族らにしか認められていなかった医療行為が、障害者の社会参加のため、学校の教員らにも認める厚生労働省と文部科学省の通達が04年に出た。しかし、ヘルパーや福祉施設職員については、規定があいまいなままだという。
 同ネットは、関西の医療・福祉関係者を中心に、医療的ケアについて理解を深めるため、今年3月に設立された。今後、講演会や実践講習、相談事業を計画している。
 日浦さんは講演で、86年に開設した障害者通所施設「朋(とも)」(横浜市)で、障害者が地域住民と交流したり、家族と温泉旅行に出かけた経験を紹介。「人は人とのかかわりの中から可能性が生まれてくる」と社会参加の大切さを述べ、そのための医療体制の充実を訴えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


★1円から★激レア!ゴールド&ブラックリザードネックレス 医療などでも使用されるほど高価で...


◆医療関連ブログ記事
【トレビアン週報】「辻ちゃん妊娠ら... - アトピー改善情報 (5月21日14時54分)

21階にロープで侵入「スパイダーマン... - 生命保険の選び方 (5月21日14時51分)

金権医者もはや追ってこず - 鉛筆はミサイルに似て何を狙う? (5月21日14時49分)

ウェルネスクラブ5月号 - ライフケア (5月21日14時47分)

21階にロープで侵入「スパイダーマン... - ハナテンの中古車について ハナテンの... (5月21日14時46分)

人は死ぬ③ - 吐きだめ~ジコマンな理想論~ (5月21日14時42分)

ルールって? - わたしの日記 (5月21日14時42分)

雑感 - さすらい日記 (5月21日14時42分)



◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。