視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[沈没船]600億円分の金・銀貨だ! 大西洋の海底で発見

 【ワシントン和田浩明】米フロリダ州の沈没船探査会社が18日、米国が英国などの植民地だった時代に大西洋で沈没した船から銀貨50万枚以上と金貨数百枚を発見したと発表した。総額は5億ドル(約600億円)になるとの試算もあり、同社は「歴史的な沈没船で見つかったものとしては過去最大級」と説明している。

 発見したのはオデッセイ・マリーン・エクスプロレーション社。保安上の理由や調査中であることなどから、船名や沈没時期などの詳細は明らかにしていないが、発見場所は公海の海底だと話している。
最新銀貨50万枚情報は・・・銀貨50万枚ランキング

AP通信によると、同社はイギリス南西沖で17世紀に沈没した商船の引き上げ許可を米裁判所に申請し16日に認められている。

 発見された銀貨は総重量17トン以上。金貨も含め保存状態は良好だという。同社は権利関係に問題がないことを確認した上で、発見したコインを販売する予定。同社の依頼で鑑定を行った専門家によると、1枚あたりの価格は数百~4000ドルと見込まれる。

 AP通信によると、沈没船の財宝で最も高値がついたのは85年にフロリダ沖のスペイン船(1622年に沈没)から回収された金貨や宝石などで総額4億ドルだった。オデッセイ社は03年にも米南部ジョージア州沖で1865年に沈没した船から金貨など5万枚を回収している。



(引用 livedoorニュース)


■■


◆銀貨50万枚関連ブログ記事
BuB?:under exploration???記録提出 f... - 行け ごーごー! (5月21日8時35分)

沈没船から金・銀貨発見です! - 情報起業で月収100万円に挑戦 (5月20日22時52分)

【NBA】ウォリアーズ、D.ネルソンHCの... - 株式情報・株取引情報インサイダー! (5月20日20時24分)

沈没船から銀貨発見 - 不動産投資を考える!! (5月20日20時4分)

沈没船探査会社ってのも・・・。 - 日々更新なニュースブログ (5月20日19時31分)

★大西洋の沈没船から銀貨50万枚…... - わたやんの健康、快適シニアライフ (5月20日18時37分)

自動車 事故特報!-男子バレー、ワー... - 興味深きを淡々と (5月20日18時33分)

「沈没船の金・銀貨海底で発見される!... - オリジナルギフト感動お届け工房日記 (5月20日18時27分)



◆銀貨50万枚関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。