視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

注目の薬剤自動選択機 ピッキングマシン登場

ワックル ネックタイプ 45CM

高齢化社会の到来で医療の現場は慢性的な人手不足に陥っている。とりわけ薬剤師の求人需要が高まっている。背景にはドラッグストアの出店攻勢、大学の薬学部が4年制から6年制に移行し、平成22年、23年は新卒薬剤師の激減が見込まれ、早めに手当てしたい思惑がある。ITの導入の遅れも遠因のひとつ。そこに登場したのが(株)Windy(福岡市博多区、中村行延社長)が開発した薬剤ピッキングシステム(特許第3673273)だ。

■注目の新商品ピッキングマシン

調剤薬局の最も重要な機能は、処方箋通りに薬を正確に処方すること。決してミスは許されない。調剤過誤や調剤ミスは事故に直結するからだ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

とはいえ、残念ながら人為的ミスはゼロにはならない。 

そこに薬剤師不足が調剤事故を誘発する構図になっている。そこで当社が開発したのが、自動薬剤ピッキングマシンだ。処方箋を元に薬種、数量、分量、日数などのデータを入力。上部にあるアームが自動で各カートリッジにある薬剤を正確に選択し、抽出する。その時間は最大250秒。同様の人間の作業時間をおよそ半分に短縮し、ミスをなくすことができる画期的マシン。薬剤師の人手不足、人件費抑制という薬局の課題を一気に解決してくれる。

■薬局経営のエキスパート

当社には3つの大きな事業の柱がある。

ひとつは薬剤師紹介・派遣業務。2つめは病院・薬局事務派遣。3つめは薬局支援システムだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ワックル ループサポーター 19CM


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…



スポンサーサイト

2007年05月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。