視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

あん人こん人:県観光地域振興局まちづくり班参事・平野芳弘さん /大分

 ◇町歩き魅力再発見--平野芳弘さん(55)
 別府市観光経済部次長(まちづくり担当)から1日付で異動した。本欄でお役人は取り上げたくないのだが、この人は別だ。全国注視の別府市のまちづくりで、市民と行政の「タッグマッチ」を演出した異能の人である。
 別府市中心部で生まれ育った。「レトロな建物も温泉も空気みたいな存在でした。しかし、福岡市の大学に進学後、帰省するたびに、歴史のある建物や温泉場が開発で次々と消えていった。何とかしなければと……」
 福岡大土木工学科を卒業後、Uターンして県庁に就職。仕事のかたわら、仲間と町歩きを始めた。「住民が近所を歩くことで地元の魅力を再発見し、その土地に誇りを持つようになる。
最新田上市長情報は・・・田上市長ランキング

まちおこしは、町歩きから」
 最初は町歩きのガイド役。そのうち、ガイドを育てる先生役も。「住民がガイドとして観光客に地元の歴史や文化を伝えることが、さらなる再発見と誇りにつながる。観光客のさりげない一言が、魅力の再発見になることも多いのです」
 県の技術職員として土木事務所などで都市計画を担当していたが、転機は03年7月にやって来た。別府市の浜田博市長が平野さんの活動を知り、「ぜひほしい」と広瀬知事に要請。同市まちづくり推進室の初代室長に就任する。その時の抱負をこう語っている。
 「立場上、市全体を見なければならないが、路地裏散策のガイドはこれまで通り続けたい。問題が起きた時は、まず現地を歩いて解決策を考えたい」(大分合同新聞)...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


■■


◆田上市長関連ブログ記事
長崎市長 田上氏が初登庁…再び胸にバ... - 独立起業しよう! (5月4日4時6分)

「市長は辞めろ」長崎市役所に電話、... - サンダーバード (5月1日20時6分)

「歩けない」訴える母親に暴行、死な... - もりのくまさん ストーリー (5月1日19時55分)

「差別と貧困格差解消を」・メーデー... - モテモテ日記 (5月1日19時48分)

助手席からハンドル切り、運転の母死... - お昼寝ねこたん (5月1日19時42分)

【 民主党さん、地方格差是正は? 】 - ネットドランカーの躁鬱 (5月1日19時2分)

事件前に頻繁に会合、長崎市長射殺で... - すばらしき日々 (5月1日18時24分)

山梨市で民家全焼、2人の遺体発見…... - 三井の事件考察 (5月1日18時18分)



◆田上市長関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。