視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マゴットセラピーで効果 糖尿病など患者9割が足切断回避

オムロン低周波治療器 エレパルス HV-F127
 糖尿病などで足が壊死(えし)する「難治性潰瘍(かいよう)」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていることが30日、分かった。

 日本では壊死による足切断は3000例を超えるとされる。三井講師は秋にも医師主導臨床試験に取り組む予定。英国では保険医療が認められ、年間数百人が治療を受けている。

 マゴットセラピーは、壊死した皮膚にハエの幼虫をガーゼとともに固定して行う。
最新回復 治療情報は・・・回復 治療ランキング

幼虫が腐敗した部分を食べ傷をきれいにするとともに、幼虫の唾液(だえき)に含まれる物質が微生物を殺す役目を果たし、傷の回復を早める。週に2回ほどガーゼを取り換え、2~3週間で効果があらわれる。

 三井講師はオーストラリア留学中にこの治療法を知り、平成16年に糖尿病などの合併症で足切断しか治療法のない60代の女性に日本で初めて実施。潰瘍が1週間で半分の大きさになり、患者の痛みも軽減したという。傷が完治したこの女性は3カ月で退院。切断をまぬがれた足で歩行に努めたためか、その後の糖尿病のコントロールも良好だという。

 マゴットセラピーはこれまで国内27カ所で約100例が行われ、このうち三井講師は66例を手がけた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


蒸気温熱で患部を温め治療する新しいタイプの医療機器めぐりズム 蒸気温熱パワー肌に貼るシート...


◆回復 治療関連ブログ記事
怪物ロナウド「ミランにかなり長く在... - スポーツ小太郎のブログ (5月11日17時24分)

順調です! - daze (5月11日16時56分)

足の裏のほくろの切除 - 日々の暮らし (5月11日16時34分)

5月10日 - 急性骨髄性白血病の闘病日記 (5月11日16時33分)

ゲロ - 鈴紅&揺り籠の記録 (5月11日15時48分)

治療法?? - ウマカブログ (5月11日15時42分)

自宅での看取りを推進 - 徒然日誌~家庭人、社会人、ときどき... (5月11日15時26分)

子供の視力回復について - 視力回復 (5月11日14時21分)



◆回復 治療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。