視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

早急に、離島にドクターヘリの配置を!

パリ・ユニライト
【PJ 2007年04月29日】- 27日付の南日本新聞朝刊に、ドクターヘリ法成立との見出しの記事があった。「空飛ぶ救急室」と呼ばれるドクターヘリの全国配備を目指す特別措置法が26日、議員立法として今国会で成立する見通しとなったという。

 南日本新聞によると、ドクターヘリは救急医療の専門医を乗せて患者の元に急行し、治療しながら病院に搬送するものだそうだ。南西諸島を含め、全国の離島や山間部など大規模な病院のない地域での救命率向上や後遺症軽減への効果が期待される。

 離島に在住していると、救急医療の整備は至上命題であると、心から思えてならない。
最新医療情報は・・・医療ランキング

都市部などに住んでいる方々と同じような高度先進医療機器を導入し、高機能化クリニックを受診出来る医療体制の構築を希望している。

 私達の島にも、民間の総合病院がある。内科 、外科、形成外科(皮膚、顔面と手足の筋肉・神経・腱・骨皮膚科、整形外科、耳鼻科、口腔外科、眼科、腹部外科との境界領域を含む)耳鼻咽喉科 、産婦人科、整形外科、脳神経外科、眼科、小児科、歯科口腔外科を兼ね備える、かつて島民が求めて已まなかった、総合病院である。

 私は「いつかは止めよう」とは思っているものの、なかなか止められない喫煙者である。喫煙の影響だろうか、時折気管支が収縮し、夜間、突然呼吸が出来ず、咳き込む事があり、病院で点滴を打ってもらう...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


リボンマグネット サーフエイド Sサイズ /サーフィン サーフボード 自動車アクセサリー


◆医療関連ブログ記事
「最期は我が家で」長寿センター、目... - ファイナンシャルプランナーのニュー... (5月7日14時38分)

新しい朝が来た - Vana'Tripper (5月7日14時34分)

診療報酬不正請求:可児市の田辺内科... - 視力回復で視力アップしてみましょう... (5月7日14時33分)

点滴 - 日々の矛盾 (5月7日14時30分)

ありゃ - ネットの放浪者 (5月7日14時29分)

主治医より、交通事故処理へ向けて - 低髄圧症候群という病気からみた日本... (5月7日14時29分)

怪我には注意を! - ノッポさんの営業日記 (5月7日14時28分)

がががががががーん - ドラゴンボール的なブログ (5月7日14時19分)



◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。