視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<続報>「食べたワニに罪はない」責任は誰に?―広西チワン族自治区北海市

すぎやまこういち/交響組曲「ドラゴンクエストI」
2007年4月20日、広西チワン族自治区北海市で起こったあまりにも悲惨な事件。

小学2年生の男子児童4名が、リゾート施設内のワニ池付近で遊んでいるうちに、1名が柵を乗り越えワニ池のふちまで接近。すると突然ワニが襲いかかり池の中に引きずりこまれ、あっというまに群がるワニに食べつくされてしまったというもの。

すべてを目撃した児童1名と現場付近にいた児童2名は、死亡した男児と同じクラスの仲良しで、精神的に強いショックを受けている。北海市人民政府は23日、この3名を同市にある人民医院心理医療外来に送り治療を受けさせた。
最新回復 治療情報は・・・回復 治療ランキング



担当医師の話では、事件発生以来、夜突然叫んだり、眠れないなどの症状を子供たち全員が訴えているが、これは通常の反応といえる。幸いにも事件そのものが一瞬の出来事だったので、3人の精神的外傷は早期に回復の見込みがあるとのこと。

今回の事件では、ワニ池の管理人やリゾート施設経営者・施設の安全対策に無関心だった行政・危険とは何かを教えなかった学校・子供の遊び場を把握していなかった親、これらすべてに責任があるが、唯一子供を食べたワニには責任はないとする有識者の意見が中国国内で相ついで発表されている。(翻訳/編集本郷智子)
(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070425-00000013-rcdc-cn)


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 Video 名犬ラッシー 7 最終巻 【Video★アニメ】 BANDAIVISUAL BE...


◆回復 治療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆回復 治療関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…



スポンサーサイト

2007年05月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。