視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

出版:中途失明した佐伯の久保田さん、自伝的回想小説「らいらん」 /大分

★税抜5000円以上で送料無料★鮑の輝 38.02g(396mgX96粒)
 ◇伴侶、娘の清書で226ページに
 中途失明した佐伯市直川の久保田嘉博さん(68)が家族の助けを借りながら書いて一度出版された自伝的回想小説「らいらん」が、東京の出版社「ごま書房」から再出版された。25日から県内を中心に各地の大手書店で販売されている。四六判、226ページ。1300円(税別)。
 久保田さんは95年に保険会社を定年退職。その後、家業の農林業に戻った。しかし、徐々に視力が衰え02年に両網膜色素変性症で失明した。00年、別府市であった同窓会で偶然、現在内縁の妻の佐多サカエさん(68)と再会した。夫を亡くしていたサカエさんは、久保田さんの目の病が進行し、妻に先立たれて途方に暮れている様子を知り「久保田さんの生活の手助けをしよう」と決意。
最新視力情報は・・・視力ランキング

1年後に当時暮らしていた京都の自宅を売って帰郷し、一緒に暮らすようになったという。
 小説のタイトル「らいらん」は、直川地方のコガネグモの呼び名。久保田さんが少年時代に飼育したクモを別のクモとけんかさせたり、昆虫を捕まえて食べる様子を飽きずに見つめる姿や、サカエさんとの出会いなどを描いた。原稿は久保田さんが広告チラシの裏などに大きな文字でつづり、サカエさんと、同居の二女愉里恵さん(33)が交代で清書した。
 昨年10月に地元出版社から600部出版され、これをごま書房が再出版した。
 久保田さんは「小説が本になったのも周囲が支えてくれたお陰です...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000182-mailo-l44)


タロッコ ブラッドオレンジジュース 1000mlパック


◆視力関連ブログ記事
連休は終りです! - 趣味の畑と蒟蒻作り (5月4日8時4分)

コブクロ、スマスマでSMAPと共演 - ギャンブル大好き!! (5月4日8時0分)

あぁ・・・・ - 永遠のきいちご畑 (5月4日7時50分)

危険認知力危険回避力 - 高機能自閉症ともくんの小学生日記 (5月4日7時30分)

(-公- )ウーン - しんごろぐ (5月4日7時25分)

バトンだ - もも☆リヴ日記 (5月4日7時16分)

KDDI株式会社とServision株... - ソフトバンク携帯電話、ドコモケータ... (5月4日7時10分)

視力矯正 - 茶々の茶のみ話 (5月4日7時10分)



◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年05月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。